FC2ブログ

Destiny2発表記念でBungieの歴史を振り返る―Marathonシリーズ<1>

こんーばんーは!くにおる(クプどん)です。

先日、クプどん超期待の新作、デスティニー2(Destiny2)が発表されました(*´∀`)。


Destiny2は、バンジー(Bungie)社が開発する一人称視点シューティング(FPS)で、インターネットを通じて他プレイヤーと遊ぶ事に特化した内容になっています。この動画でも、他プレイヤーやNPCと共闘していますね。

実はワタクシ、Bungieの20年来の大ファンでして、Bungieの初期作品のマラソン(Marathon)以降、主要なゲームを全てプレイし、大いに楽しませて貰ってきました。
Bungieの最新作であるDestinyは、世界で3000万アカウントに達するモンスタータイトル。今や北米を代表するゲーム開発会社となったBungieも、20年前は知る人ぞ知る会社でした。

marathon01_1.png
↑Bungieが1997年に発売したミス・闇の破壊神(Myth -The Fallen Lords-)より。血肉と灰の壮大かつ緻密な世界観が魅力のシミュレーションゲーム。世界観的には、DestinyはMythシリーズの精神的続編と言えます。

昔のBungieを知る人も少ないでしょうし、Destiny2発表を記念して、日本人を代表するBungie狂信者の私が、これから数回に分けて独断と偏見でBungieのゲームを振り返っていきます。
まずはBungie最初の出世作、Marathonシリーズから行きませう(*゚∀゚)!


marathon01_2.png


1.Marathonシリーズってざっくり言うとどんなゲーム?

Marathonシリーズは、ストーリーと世界観重視のFPSです。アップルのパソコンのMac(マック)で、1994年にMarathon、1995年にマラソン2:デュランダル(Marathon2: Durandal)、1996年にマラソン・インフィニティー(Marathon Infinity)が発売されました。

marathon01_3.png
↑Marathon Infinityより、敵エイリアン「プフォール」同士の争い。プフォールはどこか滑稽さもある姿ですが、恒星すら破壊する絶大な軍事力を誇ります(; ・`д・´)。


2.当時のゲーム業界

Marathonが発売された頃のゲーム業界についても触れておきましょう。Marathon発売の1年前、元祖FPSのドゥーム(DOOM)が発売され、その後、雨後のタケノコのように無数のFPSが登場しました。駄作もあれば、世紀の名作とも言える作品達も出てきました。まさしく、FPSのカンブリア爆発なり!

↑傑作と名高いシステムショック(SystemShock)。後に、「最高のストーリーのゲーム」と評されるバイオショック(BioShock)を作り出した人達の初期作品です。

また、同時期にプレイステーションやセガサターンが発売され、パソコンでもコンシューマーゲームでも3Dグラフィックが花開いた時代でありました。更に、パソコンゲームではローカルネットワークでの対戦も盛り上がりを見せ、現代に続くネット対戦の黎明期でありました。


ちょい中途半端ですが、今回はこの辺で。待て次回!


© 1994-2017 Bungie, Inc. All rights reserved.

プロフィール

Author:くにおる&みれにあ
FF14で出会い、リアルで結婚したゲーマー夫婦。二人とも食いしん坊。

FF14 Garudaワールドにて活動中。
くにおる:Kupfdoen Mynaikoensyn
みれにあ:Mirenia Catorce

カウンター

当サイトへのリンク、相互リンクは大歓迎です。

当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像・映像の直リンク・無断複製及び転用を禁じます。

Unauthorized reproduction prohibited. Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.