FC2ブログ

バイオショック インフィニットのレビューと魅力紹介<その1>

こんばんは!くにおる(クプどん)です。

突然ですが、私は、一部のゲームを「受け手が介入可能な総合芸術」であると思っています。
ICO風ノ旅ビトのように、見た目から芸術しているゲームだけではありません。例えばドラクエだって、立派なストーリーや音楽、映像、プレイヤーの操作で反応するゲームシステムがあり、それらを総合的に組み合わせ、プレイヤーに楽しんで貰ったりメッセージを届けていたりする訳ですから、ある意味、総合芸術と言えるでしょう。

そして私は最近、とあるゲームをプレイし、これまでに私が出会った中で最高の芸術作品であると確信しました。

それが、バイオショック インフィニット(BioShock Infinite)です。
bioshock_infinite_1_01.png

今更ではありますが、これから数回に分けてレビューいたしまするぞ(・∀・)。魅力を感じたら、是非やってみて下さいね!
更に、ご紹介の後、このBioShock Infiniteのストーリーを考察し、作品が発する真のメッセージを考察していきたいと思います。


1.ざっくり言うとどんなゲームか
Bioshock Infiniteは、SF的ギミックと社会問題で彩られた衝撃のストーリー&世界設定、RPG要素を持ったガンシューティング、絵画的で美しいグラフィック、声優さんの名演技を始めとした質の高いサウンドが、高い次元で融合したゲームです。bioshock_infinite_1_02.png


2.BioShockシリーズのご紹介
BioShock Infiniteの話に入る前に、BioShockシリーズの紹介をしますね。BioShockシリーズは、「BioShock」「BioShock2」「BioShock Infinite」の三本があります。

<1.BioShock>
最初に発売されたBioShockは、隠れた傑作と言われるSystemShock2の開発で注目を浴びていたケン・リーヴァイン(Ken Levine)氏が開発するということで、当初から期待されていましたが、発売後はとてつもないインパクトがあり、史上最高のストーリーのゲームであると絶賛されました。
bioshock_infinite_1_04.png
↑BioShockより。美しい海底都市ラプチャーをバックにしたビッグ・ダディとリトルシスターという絵面が、まず魅力的です。

特に、ストーリー中盤のとあるシーンで起こる大どんでん返しは、メタ的に既存のゲーム(BioShock自体も含まれる)の全否定でもあることから、セリフや演出の秀逸さも合わさり、ゲーム史で最も記憶に残る名シーンとして知られる事となりました。
ここは、私の分析によると、BioShock Infiniteの真のメッセージとも極めて密接な関係にあるシーンでもあります。詳細は次回以降で!
また、ゲームデザインも良くできており、RPG的な成長要素や探索要素とFPSが融合しており、のめり込んでしまう中毒性があります。
bioshock_infinite_1_03.png
↑ストーリー、アート、ゲームデザインが組み合わさり、面白過ぎて中毒性もあるのがBioShockの特徴です。
 
<2.BioShock2>
続いて2010年に発売されたBioShock2は、開発スタッフが変わり、海底都市ラプチャー、ビッグ・ダディ、リトルシスターに主眼をおいた内容です。端的に言って凡作ですが(笑)、ゲームシステム的な面白さはBioShock2が一番好きです。
bioshock_infinite_1_05.png
bioshock_infinite_1_06.png
↑主人公の物語上の娘であり「ビッグ・シスター」のエレノアちゃん。BioShock2はエレノアちゃんを愛でるゲームと言って差し支えありません(*゚∀゚)=3



そして、BioShock2発売から半年くらい経った頃、Ken Levine氏が開発する、舞台を海底都市ラプチャーから空中都市コロンビアに移した、BioShock Infiniteが発表されました。当時の雰囲気としては、
「あの初代越えるとか、もう無理でしょwww」
「ラプチャーを越える魅力を持った都市を新たに造り出せるとは思えないわ」
といったものでした。が・・・

越えちゃったんだなーこれが。

詳細は次回以降、ご紹介いたします!


↓シリーズ

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:くにおる&みれにあ
FF14で出会い、リアルで結婚したゲーマー夫婦。二人とも食いしん坊。

FF14 Garudaワールドにて活動中。
くにおる:Kupfdoen Mynaikoensyn
みれにあ:Mirenia Catorce

カウンター

当サイトへのリンク、相互リンクは大歓迎です。

当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像・映像の直リンク・無断複製及び転用を禁じます。

Unauthorized reproduction prohibited. Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.