FC2ブログ

バイオショック インフィニットのレビューと魅力紹介<その3>

にゃっはうぇい!くにおる(クプどん)です。

引き続き、BioShock Infiniteのご紹介記事です。皆さん、そろそろやりたくなってきたのでは?!


3.BioShock Infiniteの魅力(続)

<4.中毒性の高いFPSとRPGの融合したシステム>
BioShock Infiniteは、全編通じてブッカーの主観視点が徹底的に貫かれており、戦闘システムも一人称視点のガンシューティング(FPS)となっています。FPSは世に溢れていますが、BioShockシリーズで特徴的なのは、超能力を手に入れられる“ビガー”を探索やストーリー展開中に手に入れ、それを活用して戦闘を切り抜けたり、自分を強化できる事です

bioshock_infinite_2_13.png

↑敵を一定時間、味方にするビガーを使用しているところ。緑色の精霊みたいなものが飛んでいって、敵にとりつきます。他にも敵を宙に浮かばせたり、敵の弾を吸収して任意のタイミングで跳ね返せるシールドを張ったり、大量のカラスをけしかける等、様々なビガーがあります。


また、えげつない台詞を喋りまくる不気味な自動販売機がそこかしこに置かれており、そこでお金と引き替えにビガーを強化したり、弾薬を購入できたりします。

bioshock_infinite_3_01.png

↑「囚人で実験して効果は実証済みですよ!」等の恐ろしい台詞を喋りまくる自動販売機。初代BioShockの英語版では、Ken Levineその人が声をあてていました。


<5.エリザベスとの共闘>
エリザベスはストーリー上の最重要キャラクターであるだけでなく、戦闘中もブッカーを常に補佐してくれる存在です。彼女は彼女自身の身を守る事ができるため、プレイヤーは彼女を守る必要はなく、ここぞという時にプレイヤーを援助してくれる、ありがたい存在となっております。また、かなり意識しないと分からないレベルで、プレイヤーを自然にエスコートしてくれる(答えのある方向に移動していてくれる)、そんな粋なキャラクターになっております。

bioshock_infinite_3_02.png
↑「くっそー弾(お金含む)が足りねぇ!」という時に、弾薬やMP回復薬、武器を渡してくれるエリザベス。いつの間に拾っていたんだ!?


また、(ちょいネタバレですが)彼女は時空を操る能力を持っており、並行世界から役に立つアイテムやロボを出現させることもできます。こういうストーリーと密接に関係した能力がゲーム上で表現されているのも、ストーリーへの没入感を高めてくれます
これらのおかげで、エリザベスが単なる登場人物ではなく、「共に苦楽を過ごしたヒロイン」だと実感できます。

bioshock_infinite_3_03.png
↑エリザベスに指示して、並行世界から呼び出した最強ロボのパトリオット(画面右の灰色のロボ)を、敵方のパトリオットと戦わせているところ。エリザベスの能力は、戦況を一変させるだけの力があります。


<6.メリハリとテンポの良さ>
これまた相当、意識しないと気付かないんですが、BioShock Infiniteは「物語が進むシーン」と「戦闘シーン」と「探索シーン」が分かれています。ゲーム上、全く区別されていませんし、とてもシームレスなので、普通に遊んでいればまず気にかけることすらないんですが、ここはテンポも含めて徹底されていて、全く飽きずにゲームを進められる原動力となっています。プレイヤーの裁量の塩梅も良く、ゲームが心地良く進んでいくので、ゲームの魅力にどんどんのめり込んでいってしまいます。

bioshock_infinite_3_04.png

↑攻略とは関係ないエリアを探索中に、ちょっとしたイベントを発見することも。家屋にギターが置いてあったので弾いてみると、ブッカーの演奏でエリザベスがテーマソングを歌い出しました。


<7.細かい描写やサイドストーリーも入念>
めくるめく展開が続きかなりの密度がありながら、最上級のグラフィックスとけっこうなプレイ時間(私は初回17時間程度)を誇る超大作BioShock Infiniteですが、細かいところの描写や、各キャラクターのサイドストーリーも一切の手抜きがありません。例えば、普通に遊んでいたら何に気付くでもなく通り過ぎるだけのこのエリア。労働者階級が暴動を起こして、資産階級を手当たり次第殺しているエリアです。
bioshock_infinite_3_05.png
遊んでいる時は「この死体共の中に良いアイテムが入ってねーかな」と思っていたのですが・・・
bioshock_infinite_3_06.png
改めて拡大して見ると、エリザベスがとても悲しそうな表情をして、髪をかきあげながら走り去っているのが分かります(恐らくAI制御)。
この他にも、数え切れないほど細かい演出やサイドストーリーが隠されており、遊ぶ度に新たな発見があるハズです。

bioshock_infinite_3_07.png

↑そこら中に落ちている「ボックスフォン」。これを拾うと、録音されているメッセージを聞くことができます。ストーリーを補完する大事な音声が大半で、ついつい聞き入ってしまうし、全部集めたくなります。


魅力の紹介はここまでにいたしましょう。次回からは、いよいよ、盛大にネタバレしつつストーリーの構造と、秘められたメッセージについて考察していきます(`Д´)O。


コメント

RAPTURE

はじめまして。福井市在住の大嶋昌治(おおしままさはる)と言います。聖書預言を伝える活動をしています。

間もなく、エゼキエル書38章に書かれている通り、ロシア・トルコ・イラン・スーダン・リビアが、イスラエルを攻撃します。そして、マタイの福音書24章に書かれている通り、世界中からクリスチャンが消えます。その前に、キリストに悔い改めて下さい。2020年を悔い改めの年にしてください。携挙に取り残された後のセカンドチャンスは、黙示録14章に書かれています。

管理人様が、携挙が起きる前に、イエス様を救い主として信じて、私達と一緒に携挙に挙げられる事を願っています。しかし、もしも管理人様が携挙に取り残されたなら、反キリストの嘘に騙されないようにしてください。

反キリストとは、携挙が起きた後に現れる世界統一政府の指導者です。反キリストは悪魔の代理人であり、世界中の人達を騙して、永遠の地獄に突き落とそうとします。反キリストが新世界秩序を宣言してから3年半後に、人々に獣の刻印(666)を受けさせようとします。絶対に受けないでください。

反キリストが獣の刻印を受けるように命じてきたら、バイオショックのアトラス(フォンテイン)の言葉を思い出してください。主人公がライアンを倒して、遺伝子キーを自爆装置に差し込んだ直後に、フォンテインは言います。

「よくやったな!さあ、このお芝居も終わりだ。すまんな、アトラスなんて存在しないんだ。最初からな」

この言葉は、反キリストが獣の刻印を受けさせるために人々を騙し通して、ついに受けさせる事に成功した人達に向かって言い放つ勝利宣言の言葉そのものです。なぜなら、獣の刻印を受けた瞬間に、永遠の地獄が確定するからです。

よく覚えておいてください。繰り返しますが、管理人様にとっての最善の道は、携挙が起きる前に、悔い改める事です。そうすれば賜物として聖霊を受け取ります。しかし、もしも携挙に取り残されたなら、獣の刻印を拒否して、イエス様にあって死ぬことです。つまり黙示録14章13節の実行です。私のコメントを、心と記憶に刻み付けてくださいませ。
非公開コメント

プロフィール

Author:くにおる&みれにあ
FF14で出会い、リアルで結婚したゲーマー夫婦。二人とも食いしん坊。

FF14 Garudaワールドにて活動中。
くにおる:Kupfdoen Mynaikoensyn
みれにあ:Mirenia Catorce

カウンター

当サイトへのリンク、相互リンクは大歓迎です。

当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像・映像の直リンク・無断複製及び転用を禁じます。

Unauthorized reproduction prohibited. Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.